湘南 西湘 シーバス釣行記−SandWalker
湘南 西湘 相模川 シーバス釣行記 サンドウォーカー

プロフィール

久保田 剛之
湘南エリアを中心に年中シーバス狙ってます☆ 見かけたら気楽に声かけてくんさい♪

プロフィール詳細


掲載メディアのご紹介

Solt&Storim

東京中日スポーツ

SoltWalter


釣行記はコチラから

fimo版
SandWlker





テクニック ・ 小技

 ロッドの構え方 


護岸と磯はまた別の話なので置いといて・・、
サーフや河川を攻める場合、キャストしてリトリーブしている最中『なかなか釣れないな〜、どこに魚居るのかな〜』なんてことを考えているとロッドのティップ(穂先)を下げて構えている人が多い。

もちろん釣れない訳じゃないのですが、流れを意識した釣りの場合ティップを下げている構えはオススメしません。自分の直ぐ足元からラインが接水して手前の水の流れを拾ってしまいルアーの泳ぎが不自然になります。

例えばサーフ。先に書いた斜めにキャスト、一定トルクでリトリーブしても手前の波打ち際のガチャガチャした流れにラインを引っ張られては台無し。
川の釣りでも同じことは言えます。バイブレーションを引っ張ってくる釣りならレンジを下げる為にティップを下げることも必要ですが、ミノーなどの流れに乗せる釣りではティップを下げてしまうとルアーは上手くドリフトしてくれません。
リトリーブ時のロッドは柔らかく持ちながらも立てておくようにするとバイトを引き出しやすくなります。

ただし! ルアーが手前に帰ってきているのに真っすぐにロッドを立てておくのはNG!

足元でシーバスが喰い付いてきたらロッドが折れてしまいます。
ルアーが遠くにある時はロッドを立てて、手前に帰ってくるに従ってロッドを徐々に倒していく。この様に構えるようにしてみてくださいね♪



戻る
Links


ザウルストレイン


Anglers Design
 
 

巣山技研













inserted by FC2 system