湘南 西湘 シーバス釣行記−SandWalker
湘南 西湘 相模川 シーバス釣行記 サンドウォーカー

プロフィール

久保田 剛之
湘南エリアを中心に年中シーバス狙ってます☆ 見かけたら気楽に声かけてくんさい♪

プロフィール詳細


掲載メディアのご紹介

Solt&Storim

東京中日スポーツ

SoltWalter


釣行記はコチラから

fimo版
SandWlker





テクニック ・ 小技

 リーダーの交換 

喰ってこない時。
水の色を観察してみましょう。濁りが入っているようなら気にする必要はありませんが水がクリアーな時。リーダーの太さを少し細いものに変えてみましょう。

濁りが入っていない状態ではシーバスの警戒心は緩みにくいです。太さによって糸が見える見えないの問題も多少はあるかもしれませんがリーダーを細くすることによって水の抵抗が減り、ルアーがより自然に泳ぐようになります。

僕の個人的な目安ですが、湘南・西湘ではリーダーは細い時は16lb、太い時で25lbとしています。lbは強さを表す単位なので単純に太さではないのですが、売られているリーダーの表記は一番目立つ部分にlb表示なのでこの様に記述しました。

ナイロン・フロロはその時の使用ルアー、状況によって変えています。丸飲みが予想されるルアーサイズ、魚の大きさ、根ズレする場所の時はフロロカーボン。それ以外ではナイロンリーダーを使っています。

昨今はラインは伸び率の低いPE、ロッドは高感度のために曲がりが少なく反発が強いため、どこかでショックアブソーバー効果を持たせてあげないとフックが伸びやすかったり、バイトを弾いたりします。

『ラインが太くても全然喰ってくる』と言われる方もいるとは思いますが、『太いラインでも喰ってくる魚』しか獲れないというのも事実。

16lbでは不安?

大丈夫! 僕が110cmのシーバスを釣り上げたのはメインライン1号、リーダーはナイロン16lbです。技術を磨けば問題なくデカイシーバスも獲れるようになります。魚とのやり取りの技術を磨きたければ先ずは食わせなくては!


フィールドにはリーダーは何種類か持っていった方がいいでしょう♪もちろんその場でサッとリーダーを組みかえられるように家でもノットの練習はしておきましょう(^^)



戻る
Links


ザウルストレイン


Anglers Design
 
 

巣山技研













inserted by FC2 system