湘南 西湘 シーバス釣行記−SandWalker
湘南 西湘 相模川 シーバス釣行記 サンドウォーカー

プロフィール

久保田 剛之
湘南エリアを中心に年中シーバス狙ってます☆ 見かけたら気楽に声かけてくんさい♪

プロフィール詳細


掲載メディアのご紹介

Solt&Storim

東京中日スポーツ

SoltWalter


釣行記はコチラから
fimo版
SandWlker


流れの中のシーバス


『強い流れの中にシーバスがいるのか?』ということですが・・・
います。実際の川の流れは川底に近いほど流速は緩やかになります。緩やかな流れの中で少しでも凹凸があればそこにシーバスは着きます。泳ぐ力をほとんど使わずに流れの中でとどまることができます。

管理釣り場に行った事があるでしょうか?(池タイプではなく川タイプ) もしあったら思い出してください。水面付近を泳ぐニジマスは常に身体を動かし流れに逆らっているのに対し、底の方にいる魚(イワナなど)はほとんど泳がずジーっとしていることができてますよね。
同じことがシーバスにも言えると思います。むしろ水面付近の小魚がバランスを崩しやすい、流れの急なところほどいいと僕は考えています。



点に居るシーバスを誘い出せ!

続いて2つ目の質問ですが、僕の釣行記に出てくるターンについてですが・・・
『A地点』になんらかのストラクチャーがありシーバスがいることをイメージしてルアーを投げるとします。

左図の右端からルアーを投げて、着水地点から『A地点』でターンしてルアーがバランスを崩しシーバスにアピールするわけですが、ここまでのリーリングスピードは僕はあまり気にしていません(笑)
『A地点』に近づかせる為にその場の流れによって変えています。ある程度のラインスラッグを保ちつつルアーが動いていればOKです。

僕が気を使っているのはその後です。A〜Bまでのスピードを重要視しています。実釣経験から言うと必ずしもターンの直後の『A地点』で喰ってくるわけではありません。『B地点』のように少し離れたブレイクラインなどで喰ってくるケースが非常に多いです。おそらく『A地点』でルアーに興味を持ち追ってきて『B地点』の捕食ポイントで喰っているのだと思います。

その根拠として『B地点』をダイレクトに通しても釣れたケースはあまりありませんでした。『A地点』を経由させアピールさせて『B地点』までシーバスを引っ張りだす、そんなイメージです。その時のスピードを川の流れのきつい時には遅めに巻いて反応がなければ次はもう少し早めてみる、流れの遅い時には早めに巻いて反応がなければ少し遅めにしてみる、そんな感じです。

もちろん『A地点』で喰ってくるケースも多いので出来るだけターンをきつくいれてやることも重要です。





トップへ戻る


Links


天竜


ジップベイツ
 

Anglers Design
 

山豊テグス
 
MADNESS JAPAN

巣山技研







inserted by FC2 system
inserted by FC2 system